Skip to main content

ソース: Сointеlеgrаph

仮想通貨取引所FTXの日本子会社であるFTXジャパンは、2022年末までに出金を再開する予定であると伝えられています。

日本を拠点とする報道機関NHKの11月21日の報道によると、FTXジャパンは出金再開の準備を進めている。 日本の金融庁 (FSA) は、FTX ジャパン ホールディングス、FTX ジャパン、FTX ジャパン サービスを含む 130 以上の関連会社の FTX グループが米国で破産を宣言する前に、11 月 10 日に取引所に業務停止命令を要求しました。

11 月 11 日、金融庁は、親会社が「信用不安に直面している」との報道を受けて、FTX ジャパンに対して行政措置を講じたと発表しました。 この命令により、FTXジャパンは、金融規制当局から別段の指示がない限り、11月10日から12月9日まで、店頭デリバティブ取引と関連証拠金、およびユーザーからの新規預金を一時停止する必要がありました。 FTXジャパンはまた、11月16日までに、取引所が投資家を保護し、進行中の状況について透明性を提供することを意図した計画を提出する必要がありました.

NHKは、日本の取引所の無名の役員を引用して、FTXジャパンが11月10日に業務を停止した時点で、約196億円(1億3800万ドル以上)の現金を持っていたと報告した。 日本に拠点を置く同社は、米国での FTX Trading の破産手続きの最中に売却されたと伝えられています。

関連:FTXの大失敗は、ワシントンDCでの仮想通貨の今後の結果を意味する

他の FTX 子会社は、同社に対する進行中の訴訟に対応して、同様の措置を講じています。 同じく日本に拠点を置く FTX グループの会社の 1 つである Liquid は、11 月 20 日に、会社が第 11 章に基づいて破産を申請したため、「あらゆる形態の取引」を一時停止したと発表しました。サービスは、FTX の破産申請で債務者として免除される場合があります。

ソース: Сointеlеgrаph

Leave a Reply