Skip to main content

ソース: Сointеlеgrаph

現在は廃止されている仮想通貨取引所 FTX の日本法人は、地元の規制当局から、出金に関する問題の解決を来年まで継続することを承認されました。

日本の財務省の下で運営されている地方の金融規制当局である関東財務局は、FTXジャパンの運営に関する声明を発表した、とロイターは報じた。

日本の当局は、FTXの営業停止期限を2023年3月9日まで延期し、当初の期限を3か月延長しました. 11月中旬、日本の金融庁(FSA)は当初、FTXジャパンに12月9日までに業務発注を停止するよう要請した。

発表によると、関東財務局は、これまでFTXジャパンが保管していた資産を債権者に返却しなかったため、期限の延長を命じました. 規制当局は、FTXジャパンの取引システムが引き続き機能していないことを強調しました。

その後、FTXジャパンはブログ投稿で最新のニュースを確認し、11月16日に同社が関東財務局に提出した「業務改善計画」を進めていると述べた。 「お客様の資産を迅速に返却することはできません」と付け加えています。

関連:FTX所有のLiquid取引所は、引き出し停止後にすべての取引を一時停止します

このニュースは、12 月 1 日に FTX ジャパンが出金再開のロードマップを発表した直後に行われました。 取引所は以前、顧客の資産が FTX の破産手続きの一部ではないことを確認していました。 同社は当初、2022年末までに撤退を再開することを計画していた.

以前に報告されたように、FTX は 2022 年 2 月に日本の仮想通貨取引所 Liquid を買収した後、2022 年 6 月に日本法人を立ち上げました。

ソース: Сointеlеgrаph

Leave a Reply