Skip to main content

ソース: Сointеlеgrаph

地元の金融当局によると、投資家がテザー(USDT)などのステーブルコインを使用して取引できるようにする日本の新しい規制は、遅くとも2023年6月までに採用される予定です。

日本の金融庁 (FSA) は、今年後半に特定のステーブルコインを許可することを計画しており、ステーブルコインの国内流通の解禁に取り組んでいます。

日本のFSAの広報担当者は、コインテレグラフへの声明で、「これは、いわゆる『ステーブルコイン』のすべての外国製品が制限なしに許可されるという意味ではない」と述べた。

FSAは、ユーザー保護の観点からそのような暗号通貨が安全であることを保証する個別のチェックに合格したステーブルコインのみを許可するとFSAの担当者は述べた. 例としては、自国の外国発行体が日本で同等の規制を受け、原資産が適切に保護されていることが含まれる、と広報担当者は付け加えた。

当局はまた、テザー(USDT)や米ドルコイン(USDC)などの主要なステーブルコインが許可されるかどうかを知る機会はないと強調した。 「FSAは、決定が下される前にそのような情報にアクセスする機会を提供しません」と代表者は言いました.

日本の新しいステーブルコイン規制は、2022 年資金決済法の改正に関する政令および内閣府令案の一部です。2022 年 12 月に導入された新しい規則は、電子決済手段の要件を確立し、関連する登録手順を開発することを目的としています。

公式データによると、金融庁は 2023 年 1 月 31 日まで、資金決済法の変更に関するパブリック コメントを受け付けます。

金融庁の広報担当者は「パブリックコメントの終了後、必要な手続きを経て公布・施行する予定であり、正確な時期は未定」と説明した。 FSA は、法執行期限が 6 月上旬に設定されていることを指摘しました。

関連: 日本の規制当局は、仮想通貨を伝統的な銀行のように扱うことを望んでいる

以前に報告されたように、日本の議会は 2022 年 6 月に外国のステーブルコインを禁止する法案を可決し、ステーブルコインの発行者はそのような暗号通貨を日本円または他の法定通貨にのみリンクすることを要求しました。

2023年に発効する予定の新しい法律は、FSAに登録されている31の日本の取引所のいずれもそれ以来ステーブルコイン運用を提供していないため、明らかに多くの仮想通貨企業に影響を与えています。 Coinbase や Kraken などのいくつかの主要な仮想通貨取引所は、仮想通貨市場の弱体化を理由に、最近日本での事業を停止しました。

ソース: Сointеlеgrаph

Leave a Reply