Skip to main content

ソース: Сointеlеgrаph

中央、南アジア、オセアニア (CSAO) での仮想通貨採用の最大の推進力は、代替不可能なトークン (NFT) である可能性があることが、新しいレポートで明らかになりました。

9 月 21 日の Chainalysis の投稿によると、「南アジアでは仮想通貨の採用が着実に進み、南東部では急上昇」というタイトルで、NFT 関連のアクションは、2022 年第 2 四半期にこの地域から仮想通貨サービスに向かうすべての Web トラフィックの 58% を占めました。

一方、同四半期の別の 21% のトラフィックは、Axie Infinity、STEPN、Battle Infinity などの主要なタイトルを含む、プレイ トゥ エーン (P2E) ブロックチェーン ゲームの Web サイトでした。

Chainalysis は、ほとんどの P2E ゲームが MagicEden や OpenSea などのマーケットプレイスで販売できる NFT の形でゲーム内アイテムを備えているため、P2E ブロックチェーン ゲームは NFT と「密接に関連している」と指摘しました。

「NFT はおそらく、今日の CSAO における暗号通貨への最大の入り口です。」

CSAO 加盟国には、インド、タイ、ベトナム、オーストラリア、シンガポール、フィリピン、インドネシアなど 25 か国が含まれ、Chainalysis の仮想通貨採用指数の上位 20 か国のうち 7 か国が含まれています。

Web トラフィック ヒートマップによると、CSAO 地域のほぼすべての国で、NFT 関連の Web サイトが Web トラフィックの大部分を占めていましたが、ブロックチェーン ゲームやエンターテイメントもトラフィックの大きなシェアを占めていました。

中央、南アジア、オセアニア地域の Web トラフィック ヒートマップ。 出典:チェイナリシス

Chainalysis は、これは「必ずしも驚くべきことではありません。CSAO は、ブロックチェーン ベースのエンターテイメントにおけるイノベーションのハブです」と述べ、次のように付け加えました。

「たとえば、ゲーム中心のブロックチェーン デベロッパーである Polygon と Immutable X は、インドとオーストラリアに本社を置き、2 つの最大のプレイ トゥ イーン ゲームである Axie Infinity と STEPN は、それぞれベトナムとオーストラリアで運営されています。」

ベトナムは 2 年連続でチェイナリシスの暗号通貨採用指数を上回りましたが、フィリピンは前回のレポートで 15 位にランクされた後、2 位に驚きました。

「これらの国はどちらも、プレイ・トゥ・イーニング(P2E)ゲームと送金という同様の成長ドライバーを持っています」とブロックチェーン分析会社は説明しました。

一方、Chainalysis によると、分散型交換契約など、他の主題に関連する Web サイトへのトラフィックは、最近の四半期で減少しています。

関連: 新興市場がグローバル採用指数をリード: Chainalysis レポート

レポートはまた、インドとパキスタンでの仮想通貨の採用についても言及し、2021 年には世界で 2 番目と 3 番目に高い仮想通貨の採用国としてランク付けされた両国が、今年はそれぞれ 4 位と 6 位に落ちたことを指摘しました。

変更の考えられる理由として、最近の規制の進展が挙げられています。

1月、パキスタンの中央銀行と政府は仮想通貨の禁止を勧告しましたが、インド政府は4月にすべての仮想通貨の利益に30%の税金を課し、7月にはすべての仮想通貨取引に1%の手数料を追加しました。

ソース: Сointеlеgrаph

Leave a Reply