Skip to main content

ソース: Сointеlеgrаph

水曜日の新しいプレスリリースによると、ヨーロッパ最大の投資銀行の 1 つである Société Générale は、セキュリティ サービス子会社を通じて仮想通貨資産管理サービスを拡大すると述べました。 デジタル資産のファンド マネージャーであるお客様は、ソシエテ ジェネラルをファンド カストディアン、バリュエーター、および責任マネージャーとして選択できるようになりました。 このツールは、機関投資家のポートフォリオへの暗号通貨の追加を容易にするように設計されています。

同社の最新のクライアントは、ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、およびその他のデリバティブで構成されるユーロ建てのデジタル資産製品を 2 つ扱う、フランスのライセンスを受けた資産管理会社である Arquant Capital SAS です。 Societe Generale Securities Services のディレクターである David Abitbol 氏は、次のようにコメントしています。

「ソシエテ ジェネラルの革新に関する専門知識とアーカント キャピタルの技術的スキルを組み合わせることで、資産運用会社の多様化のニーズを満たす SGSS の能力を拡大しています。」

一方、Arquant Capital の CEO である Eron Angjele 氏は次のように書いています。

「このソリューションは、アーカント キャピタルに革新的な構造を提供します。これにより、当社のサービスを拡大し、顧客のために価値を創造することに集中することができます。」

Société Générale Security Services は、ヨーロッパの 3 大カストディアンと世界のトップ 10 にランクされています。 4 兆 2770 億ドル相当の資産が保管されており、3,312 のファンドに受託サービスを提供し、4,426 のファンドに評価サービスを提供しています。 また、世界中に 22 か所の拠点があり、4,000 人以上のスタッフがいます。

過去にソシエテ ジェネラルは、イーサリアム ブロックチェーンでユーロ債を発行し、債券トークンと引き換えに DAI ステーブルコイン ローンを提案しました。 同社は、Tezos ブロックチェーン上にセキュリティ トークンも保有しています。 現在、欧州中央銀行と提携してデジタルユーロを開発している金融巨人の1つです。

ソース: Сointеlеgrаph

Leave a Reply