Skip to main content

ソース: Сointеlеgrаph

仮想通貨レンディング会社のジェネシスは、仮想通貨取引所FTXの下落によって引き起こされた10億ドルの不足をカバーできなかった場合、「差し迫った」破産申請を計画しているという憶測に反論しました.

ブルームバーグが事情に詳しい関係者の話として伝えた 11 月 21 日付の報道によると、同社は融資部門の資金調達に困難に直面しており、破産を申請しなければならないと投資家に伝えたという。

ジェネシスの広報担当者はコインテレグラフに対し、「差し迫った」破産申請の計画はなく、債権者との「建設的な」話し合いを続けていると語った。

「差し迫った破産を申請する計画はありません。私たちの目標は、破産申請を必要とせずに現在の状況を合意に基づいて解決することです。ジェネシスは債権者と建設的な会話を続けています。」

11月16日、ジェネシスは、FTXの崩壊後の「前例のない市場の混乱」を理由に、引き出しを一時的に停止したと発表しました。 同社は 11 月 10 日に、約 1 億 7,500 万ドル相当の資金が FTX 取引口座に滞留していることを明らかにしました。

関連: FTX の伝染: FTX の崩壊の影響を受けた企業は?

報道によると、仮想通貨取引所のバイナンスは、デジタル通貨グループが所有する貸し手を救済する可能性について話し合っていたが、ウォール・ストリート・ジャーナルの 11 月 21 日のレポートで引用された情報筋によると、バイナンスは事業として可能な限り取引から手を引いたと主張している。利益相反を作成します。

コインテレグラフはこの件についてバイナンスに問い合わせたが、すぐには返答がなかった。

ソース: Сointеlеgrаph

Leave a Reply